Ri☆log ダップー・リンの成長日記。
毛はモワモワで胴長短足。かわいいミックス犬と暮らす共働き夫婦の親バカ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


縮まる距離
ここのところ、リンと子どもたちの距離が縮まってきた気がします。

きっかけはたぶん、たーくんがリンにごはんをあげるようになったこと。

二歳半を過ぎて、なんでもやりたいお年頃のたーくん。
掃除だって洗濯だって料理だって「たーくんもやりたい!」
モップをかけたり、洗濯物を一枚一枚取ってもらったり、お花に水をやったり、お米をといだり、卵を割ったり。
できそうなところからやってもらっています。
そして、そのお手伝いのひとつが、リンのごはん。

「リンにごはんあげたい!」は、やりたい病初期に言い始めたので、もう半年くらいになるでしょうか。
ドライフードを入れて、ウエットフードを入れてまぜて、小魚をトッピング。
どれも入れすぎることが多いので、横について私が調節しながらやります。
そして「リンー!ごはんよー!」と言いながらケージへ行って、リンにごはんをあげます。
「おいし?よかったねー」と、リンが食べている間ずっとそばでうれしそうに見ています。
たーくんはかなり楽しそうです。

リンはごはんのとき「よし」の号令がないと食べないようにしつけてあるのですが、最初はたーくんがあげて「よし」と言っても食べず、私の顔ばかりを見ていました。
それが最近はたーくんが「よし」と言っても食べるし、ごはんを前にしてるときだけですが、たーくんの「オスワリ」の号令で座ることも…。
すごい進歩です!


100703-1.jpg
そうそう。この距離感。縮まったんですよ!
たーくんにはなでられてもあまり吠えなくなりました。

一緒にボール投げで遊んだりもしてるし、ほほえましい光景も見られるようになってきたこのごろ。
もっとお互いの扱いに慣れて、子供といる生活、犬といる生活を楽しんでくれたらいいな~と思う母でした(^-^)



100703-2.jpg

ちなみにはるたんとリンはこんな感じ。

たーくんで慣れてきたからか、はたまた女同士だからか、たーくんの同じ時期に比べると断然距離が近い気がシマス(^-^;)
そしてリンはたまに油断してはるたんの横で寝てしまい、起きたはるたんに耳の毛をむしられてキャンと泣きます。
やっぱり不憫。。。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © Ri☆log ダップー・リンの成長日記。. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。